債務整理には大きく分けて3種類の方法がある

「支払いが苦しいけど、債務整理をしたら自宅を手放さないといけないのでは?」
「せっかく車のローンが終わったのに、債務整理をしたら売らないといけないのでしょ?」

クレジットカードを使って買い物をしすぎた、消費者金融からお金を借りすぎて金利が高く金額が全然減らなくなってきた・・・毎月の返済がとても辛いが債務整理をすると、せっかく購入した自宅や車を手放さないといけないのではないか?人生が終わってしまうのではないかなどと思っている人はとても多いです。
しかし必ずしもその限りではありません。
債務整理は数種類があり、あなたにあった債務整理をおこなうことができるので、自宅を所持しまま車をもったまま債務整理をすることができるのです。

埼玉の大宮で債務整理に強い弁護士事務所

債務整理とは?

債務整理(さいむせいり)と言えば難しく聞こえますが「債務(借金)」を「整理」することです。

消費者金融・クレジットカードを使って、キャッシングやショッピングや銀行のカードローンを使ってお金を借りる事は簡単に出来ることができますが、これは「借金」に含まれます。

支払いが苦しくなり難しくなってしまった「借金(債務)を弁護士や、司法書士が支払いをしやすいように変えるということを「整理」と呼びます。
支払いが不可能になっている場合は自己破産をすることになります。

「債務整理ってなにも知らない自分にでもできることなのか」という不安がある人が多いですが、もちろん債務を抱えて悩んでいる人なら誰にでも債務整理をすることができます。

債務整理をあなた自身ですることはできません。
法的な手段として行う債務整理は司法書士や弁護士のみがおこなうことができることなので、法的な資格を持っている専門家に依頼することが必要です。

3種類の債務整理があります

債務整理には任意整理・個人再生・自己破産があります。
心配なのは債務整理をしたあと住宅や持ち家はどうなるのか?所持している車はどうなるのか?など今後の事だと思いますが、債務整理の内容によって異なってくるので一つ一つその内容・メリットなどをご説明していきます。

任意整理

任意整理(任意整理)キャッシング利息やショッピング手数料を無しにすることができます。
利息や手数料で高額になってしまっている毎月の支払い金額をあなたの無理のない支払い可能額までさげることができます。
過払い金がある時には、過払い金の払い戻しを行うことも。
よくテレビCMなどでも放送されていますよね。
利息の免除や、月々の返済金額を減らすことは出来ますが、元金をへらすことはできません。
また細かいデメリットなどはあるものの、他の債務整理に比べて少なく費用も安く済むことが出来ます。

任意整理では車を所持していた場合

ローンが残っていない車であればなにも関係ありませんがローンが残っている車に関して、車のローンを任意整理の対象にしなければOK。
車を残すことは可能です。

住宅ローンがある場合

住宅ローンを持っている人が任意整理をする場合、こちらも車と一緒で任意整理の対象にしなければ影響はなにもありません。

任意整理が向いている人は以下の人です。

・住宅を残したい
・ローンが残っている車を残したい
・保証人に迷惑をかけたくない
・職場からの借入を対象からはずしたい
・同居家族にバレたくない

任意整理のデメリット

・信用情報に事故歴が残る
・しばらくクレジットカードが作れない

任意整理を検討中の方はこちら

個人再生

個人再生(民事再生とも言います。)では、現在抱えている借金の返済ができないということを、裁判所に認めてもらい、最低弁済額という基準額まで借金を減額してもらうことができます。
元本を基準額まで減額してもらい、利息をつけずに3年間かけて返済する「再生計画」を裁判所に許可してもらい返済をしていくことができます。
この「再生計画」の許可がおりないことがあるのか不安な人もいますが、実例でいうと、平成27年には許可がおりなかったものは0.3%とかなり少ない数字なので確約ではありませんが不安になることもないのです。

住宅ローンがある場合

住宅ローンに関しては保護が強い手続きになります。住宅ローン意外の借金を圧縮して、支払いが出来るようにしていきます
なので、住宅ローンがあっても自宅を失うことがないので安心です。

車を所持していた場合

また、個人再生ではローンのない車であれば任意整理と同じく手元に残すことが可能です。
ローンがある車の場合は手元に残せる可能性は低いです。
個人再生は、特別扱いになるのは住宅ローンだけで、車のローンは清算価値の対象になってしまいます。

個人再生には2つの種類があります。

小規模個人再生と給与所得者等再生になります。
個人事業主や、収入が不定期の人は「小規模個人再生」しかすることができませんが、会社員などで安定した収入がある人は「給与所得者等再生」を選ぶことができます。
違いといえば裁判所の許可がおりれば借金を減額することがあなたの合意がなくても進めることが出来るということです。
しかし、小規模個人再生よりも費用が増えてしまうことが多くその差は100万円以上にもなります。
なので、個人再生をおこなう人の9割は給与所得者等再生を選ばず、小規模個人再生を選んでいます。

個人再生に向いているのは以下の人です。

・借金の元本を今よりも減額したい
・住宅を残したい
・同居家族にバレない可能性
・給料などの差し押さえをされたくない
・学資保険などを解約しなくて済むかもしれない

個人再生での気をつけたいこと

・裁判所に出頭する必要がある場合もある
・同居家族にバレるかもしれない可能性がある
・学資保険などを解約しないといけない可能性がある

個人再生でのデメリット

・保証会社の代位弁済から半年以上が経過している場合は住宅ローン特別条項が利用ない
・無職や専業主婦・生活保護者など、収入が継続的にない人は個人再生ができない
・任意整理や自己破産(同時廃止)に比べて個人再生は、手続きが多く、費用も高額になる

自己破産

自己破産は、抱えている借金を財産がないために支払いが不可能なことを裁判所に認めてもらうことで、法律上で借金の支払い義務を免除してもらうことができます。
住宅や車、高価な財産は手放さないといけませんが、残せる財産もあります。

・現金99万円まで
・家具や家電。日用家財
・保険や預金を各20万円まで

また今後収入や破産開始後に取得した財産は生活費にあてることができます。
会社や就職に問題がでてきたり、戸籍にのこったりということもなく、保証人が家族ではない限り家族にも影響はありません。

自己破産では住宅ローンを含めたすべての借金を精算するので、自宅をのこすことはできませんが、どうしても家を残したいという場合は破産を行う前に自宅を任意売却して親族や不動産会社に自宅を買ってもらい家賃を払いながらそのまま住むかたちをとる「リーズバック」という方法をとることはできます。

自己破産というと、「人生の終わりだ」というイメージがありますが、毎月の借金の心配をなくしこれからの人生を前向きに進んでいく第一歩なのです。
高価な財産は手放すことになりますが、20万円以下のものであれば残すことは可能なので、手元からなにもなくなってしまって何も残らないというわけではないのです。

自己破産には、2つの種類があります。

同時廃止と管財事件の2種類があり、よく「同時整理の方が良い」などを言われていますが、違いは破断手続きをおこなうか行わないかの違いです。
破産手続きを行わないというと「きちんと手続きしてくれるのか?」と心配になりがちですが、自己破産するのには、裁判所が破産管財人という人を選びその管財人が、あなたの財産を没収し売却などを行います。しかしあなたに財産がない場合、自己破産の弁護士費用にプラスで裁判所費用(破産管財人費用)を支払わないと行けないので負担が増えてしまいます。
そこで財産がない人には破産管財人は用意せずそのまま破産の手続きを終わらせるという事がありそれが「同時破産」ということになり開始と同時に終わらせるという事で同時破産といいます。

自己破産に向いている人は以下の人です。

・借金を元本とりも減額したい
・借金を0にしたい
・官報に名前と住所が記載されても良い
・信用情報に事故歴が残っても良い
・今後しばらくクレジットカードは必要ない
・裁判所に出向く必要があっても構わない
・自己破産したあとは、警備員などの一定の職業に制限があっても構わない
・同居家族に自己破産のことを相談できる
・学資保険などを解約することは視野に入れている

自己破産でのデメリット

・住宅ローンの有無にかかわらず、手元に残すことはできない
・20万円以上の価値のあるものは処分対象になる
・ギャンブル・賭博・浪費などが原因の借金は免責不許可の可能性がある

神戸で自己破産に強い弁護士事務所はリーセット

債務整理の共通するメリットは安心した生活

任意整理・個人再生・自己破産のどの手続をするかにとって変わってくることも出てきますが共通していえるメリットはなんといっても「一旦支払いが停止する」ということです。
カード会社(クレジットカード会社・消費者金融・銀行)に毎月支払っている給料のほとんどを一旦支払い請求が止まることにとって、生活費にあてることができるようになります。
また、債務整理をすることで、専門家の司法書士や、弁護士があなたの支払状況を管理してくれることで、毎月悩んでいた精神的な負担がなくなるという事でとても安心感を得ることができ、前向きになることができるということです。

任意整理や、個人再生で支払いを続けていくことになれば利息の支払いが「0」になるため支払いの負担も随分楽になるのです。

毎月の支払いにプレッシャーを感じていたストレスが解決されていくということで精神的負担がなくなる・軽減するという事がとても大きなメリットになります。

債務整理の共通するデメリット ブラックリストになってしまう!?

ブラックリストという単語を聞いたことがある人は多いでしょう。
債務整理をするとこのブラックリストに登録されることになります。ブラックリストとは、信用情報機関に事故情報として登録されることです。
ブラックリストになることで、任意整理で5年ほど・個人再生や自己破産では5~10年ほどクレジットカードが使用できなくなる・作ることができない、賃貸で家賃保証会社が使えなくなる可能性がある、車や住宅ローンを組めなくなるといったことがあります。
身近な事でいうと携帯本体の代金を分割払いで購入することができなくなる、テレビ通販などが分割で購入ができなくなります。

債務整理をしたあとの減額効果

気になる減額の効果ですが、
任意整理で数十万円~
個人再生で数百万円~
自己破産で全ての借金が0へ
になります。思ったよりも債務整理の借金減額大きいのです。
現在利息ではらっている手数料なども債務整理によってなくなるので、借金以外の返済が全てなくなります。
年単位でみると利息の金額というのは想像をはるかに越える金額となっているのでこれがなくなるのは負担の軽減になります。
弁護士費用などを含めても思っているよりもあなたの借金は減り、明るい未来への第一歩となるのです。

債務整理の3つの手続きをわかりやすく解説まとめ

いかがでしたでしょうか?
債務整理というと不安が多いようですが、実際には債務整理をすることであなたの借金返済がかなり楽になります。
気にしている人が多い自宅を持ったままでいられるのか、車を持ったままでいられるのかなども手続きの種類によって、所持していられる事が可能なのです。
債務整理をすることで返済金額の負担が減り完済までの道のりも近くなるので視野にいれることをおすすめします。