自己破産すると家族に迷惑がかかる?どんな影響があるか解説

家族がいる人が返しきれない借金を抱えてしまった場合、家族への影響が気掛かりで簡単には自己破産に踏み切れないという状況になってしまいがちです。

自己破産では確かに家族への影響が出る可能性があるので、事前にどんな影響があるのかを知っておくことが重要です。

自己破産では家族の財産は処分されない

自己破産は裁判所を通して財産を処分する代わりに借金の返済を免除してもらう手続きですが、処分される財産は本人の財産のみなので、家族の財産まで処分されるということはありません

ただし、本人と家族などが共有として所有している財産は、換金処分して分割するなどの対応がされる可能性があります。

家族が保証人になっている場合の自己破産には注意

自己破産で一番気を付けたいのが、家族が借金の保証人になっている場合です。

自己破産で保証人付きの借金が整理されると、借金の残高が保証人となっている家族に一括払いで請求されるため、大きな迷惑がかかります

保証人になっている家族に迷惑をかけずに借金を減らしたい場合は、任意整理ができないか検討してみましょう。

自己破産で家族に影響が出るのは家や車を失う場合

自己破産をする本人が家や車を所有している場合、財産とみなされるので売却処分されることになります。

そのため、家族全員で賃貸物件に引っ越す必要が生じたり、他の家族が自動車ローンを組んで車を買い直さざるを得なくなったりする可能性があります

自己破産でブラックリストに載ると家族に影響が出る?

自己破産をすると信用情報機関に情報が登録されてブラックリストに載った状態になり、いくつかの制限を受けます。

特に、クレジットカードが利用停止になることで家族カードが使えなくなる子どもが奨学金を利用したい場合でも保証人になれないといった点で家族に影響が出ることがあります。

まとめ

自己破産では財産が処分されることになりますが、処分されるのはあくまでも本人の財産であり、家族の財産が処分されることはありません。

自己破産で特に気を付けたいのは、家族が借金の保証人になっている場合です。この場合、自己破産をすると保証人となっている家族に一括払いで借金の残高が請求されます。

また、自己破産で家や車が処分されることで、家族の生活に影響が出る場合もあります。

なお、自己破産でもブラックリスト状態となるため、クレジットカードの家族カードが使えなくなる、家族が借金をしたい場合でも保証人になれないなどの制限によって家族に影響が出ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です