任意整理で口座凍結なると公共料金引き落としなどへの影響は?

「任意整理で銀行口座が凍結されたら引き落としや当面の生活費はどうなるの?」
「同じ銀行の他の支店口座はどうなる?」

口座が凍結されて引き出しができない!?となると、ちょっとびっくりしてしまいますよね。
公共料金なども口座自動引き落としにしている人も多いと思います。
この記事では任意整理で銀行口座の凍結がされると起こること、関わる影響についてみていきます。

★銀行口座が凍結されるタイミング
口座凍結されるのは、何も債務整理をすると絶対だとか、あなたが開設して持っている全ての銀行口座が凍結になるという事態ではないことは想像される人も多いでしょう。

あなたが、その銀行発行のカード会社や銀行のローンをしていた場合、その借金について任意整理の対象にしようとした際に、その該当の銀行口座だけが凍結されるということです。

これはその銀行のカードローンを組む時に規約にも記載してあることなので、反論をするなど訴え対象にはなりません。

口座が凍結されるタイミングは、カード会社(クレジットカード会社・消費者金融・銀行)に受任通知が連絡された時点です。

これにより、銀行はあなたの口座を凍結し、お金は引き出すことができなくなります。
ライフラインなどの公共料金を口座引き落としに設定している場合は、それらの引き落としもされないことになるため支払いがされていない状態になります。

一度、光熱費の支払いが止まっても、しばらくはすぐに供給が止まることはありませんので、供給元に連絡して別の支払い方法に変更するか、督促の通知がきたらその伝票によって支払いを早く開始すれば大丈夫です。

•口座が凍結されるとATMでの操作はどうなるの?
凍結された口座の操作をATMでいじろうとした場合、「お取り扱いできません。窓口までお越しください」というような表示が出ます。

通帳には、相殺され強制的に引き落とされた残額が表示されるか、相殺でも足りなかった場合は、残額0円となり、項目には「代位弁済に伴う相殺」などと表示されるでしょう。

★銀行口座が凍結して銀行側は何をするの?
あなたの口座の凍結をして銀行は、預貯金があればそれを借金残額と相殺をします。
また、これからその口座に入ってくる給与などに対しても借金残額に充当をしてくることになります。

•同じ銀行の別支店口座を持っていた場合は?
該当の銀行で別支店の口座を開設してあって持っている場合はどうなるでしょう。
これは銀行側が、「名寄せ」という行為をして、名義と所有者で寄せ集めして凍結しますので、別支店の口座も引き出しができません。

•保証会社への代位弁済
銀行のローンは保証会社がつくことが条件であるため、あなたの銀行ローンにも保証会社がついているでしょうから、今の預貯金で相殺できなかった借金は保証会社へ代位弁済が回されるでしょう。

★任意整理の対象から外す対処
債務整理の手続きを進める前に、弁護士が詳しく説明してくれると思いますが、あなたが、銀行カードローン以外でも各種ローン(マイホーム・マイカー・多目的ローン)をその銀行で支払っていて、任意整理の対象に含めるのであれば、手続き開始により口座凍結となります。さらに銀行系列のカード会社への債務整理も注意が必要なケースもあります。
•銀行系列の消費者金融
債務整理したい借金の中に銀行系列の消費者金融も含まれる場合は、同じく口座凍結になる場合があります。これは、銀行ローンの保証会社がその系列消費者金融であるケースが存在するためです。

ですが、反対に銀行ローンに対する債務整理がない状態で、銀行系列のカード会社にだけ債務整理したい場合は、同系列であっても別会社なので、銀行系の消費者金融が銀行口座の凍結をしてくることはありません。

★銀行口座の凍結が解除され復活するまで
預貯金での相殺や保証会社の代位弁済が行われたあと、だいたい1〜2ヶ月ほどで凍結解除されるでしょう。
解除されれば通用通り使えますが、銀行によっては口座を解約され、そうなると再びその銀行での口座開設は難しくなるでしょう。

解約されることもなくしばらく凍結が解除されない場合は、窓口で問い合わせてみましょう。

また、債務整理中であっても他の銀行口座までもが開設できない訳ではないので、臨機応変に対処していけるでしょう。

★任意整理の前の対処とは
弁護士に相談した時点で説明があると思いますが、任意整理の手続きを着手する前に該当の銀行の預貯金を引き出しておいたり、給与振込口座の変更や収入の入る先の変更、公共料金の引き落としも他の影響ない銀行に変更しておくか、支払い伝票など現金で支払えるようにしておくと良いですね。

★残額は引き出して回避してもこれから給与の振込がある
例えば勤務先や支払い先の指定で銀行口座が変更できなかったり、他の選択肢がないケースも稀にあるかもしれません。

また、勤務先に給与振込先口座の変更申請を出しても、翌月からすぐ反映されるとも限らないですよね。

この場合、任意整理による受任通知後に振り込まれたお金については、相殺の対象にされませんので安心してください。
繰り返しになりますが、受任通知の時点で口座に残っていた預貯金、これは取り戻すことはできません。

口座凍結後に振り込まれた収入については相殺されないにしろ、2ヶ月ほどは引き出しが一切できませんので想定して段取りしておきましょう。

•凍結後の給与振込を引き出しさせてくれるケース
自己破産の場合は、受任通知の後に振り込まれた給与を相殺に充てることは破産法で禁止されています。
実は、任意整理にはこのような法律規定は存在してないのですが、任意整理の交渉で和解が決定されるかは、この時点ではわからないため、場合によっては自己破産になってしまうケースも想定されることから、銀行は凍結後の振込を相殺に充てないでおいているのです。

銀行によっても違うので一概には言えないですが、場合によっては弁護士が代理人として銀行の窓口で交渉すれば、凍結後に入った給与を窓口で引き出してくれる場合もあるようです。

弁護士への依頼費用も受任通知でカード会社からの督促や返済義務が停止されている時に費用支払いすることも多いので、その辺も弁護士と相談していきましょう。

★任意整理で口座凍結なると公共料金引き落としなどへの影響は?まとめ
・口座凍結は受任通知が連絡された時点
・任意整理の対象から外したカード会社(銀行ローン)については凍結は無関係
・凍結により一切のお金は引き出せなくなり公共料金の引き落としも実行されない
・該当の銀行の別支店口座も名寄せにより凍結される
・銀行系列の消費者金融が保証会社になっている場合もあるので注意する
・口座凍結後に振り込まれる給与や収入に対しては相殺されることはない
・債務整理中でも他の銀行口座の開設は可能

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です